モノを捨てずにシンプルライフ?

捨てられない人間がゆっくりシンプルライフを目指します。

ブーツ袋でブーツ収納

やっと、、やっとブーツをしまいました。


f:id:komegg:20170615165301j:image

 

クリームで栄養を、、

 

そして、かさばる箱を処分してしまったので、余り布をダダダッと直線縫いして巾着を作って入れてみました。


f:id:komegg:20170615165428j:image

 

簡単すぎる作りですが、ほこり避けには充分。

 

クローゼットのなかで次のシーズンを待ちます。

 

ただ、次の冬には履く機会がなさそう。。

 

痛みがないか、メンテは必要そうですね。

 

クリームはこれ一筋!

 

臭いがなく、これだけで自然な艶を取り戻してくれます。

思いがけない転機と不安

先月末から、転職活動を始めました!

 

そして、、それと時を同じくして妊娠が発覚しました(^-^)

 

初めて分かったときは、正直どうしよう、、と思いましたが、本当に嬉しかったです。

 

けれど、人生何もかも順調とはいかないもの。

 

赤ちゃんの成長が順調ではないと言われ、今ドキドキヒヤヒヤの心境で生活しています。

 

一瞬でも戸惑ったお母さん、ごめんね。。

 

今はまだ職場にも言えない状況なので、ただひたすら赤ちゃんの成長を祈るのみの日々です。

 

転職について調べていると、転職してすぐ妊娠する人が結構多いそう。

 

確かにそのタイミングを狙う人もいるかもしれないけど、個人的には、新しいことに心機一転向き合う、前向きなマインドの時に妊娠しやすいのでは、と思います。

 

私が、一人目の妊娠のときも、今回もそうだったから。

 

妊活で悶々と下を向いて過ごしていた時ではなく、前を向いたとたんに来てくれた第一子。

 

タイミングって、そんなものなのかもしれないですね。

地方移住を決断させたもの

地方移住を決断したきっかけはたくさんあるけれど、

 

プライベートでのきっかけは、ごはんと、アリさん。

 

先ずはアリさん。

 

2歳の息子、道端にしゃがみこんでアリさんをじっと観察するのが大好き。

 

でも、それは週末大きな公園などに出掛けた時のみ。

 

それくらい、平日は自然に触れる機会が少ない。

 

考えすぎかもしれないけど、アリが食べ物を運ぶ、一列で進む、巣に帰る。

 

そんな事も、わざわざ機会を作らないと見ることができない暮らしをしているのではないか、と思ってしまった。

 

そして、ごはん。

 

大家族で育った私には、今の夫と私、そして息子3人のみの食卓は良いとは思えない。

 

食卓での会話、年代の違う人の食べるもの、好きなもの。

 

平日は夫の帰宅が遅く、マンツーマンの食卓。

 

一生懸命食材に触れさせ、一緒に料理し、お話しし、、

 

そんな食育以上に、たまの週末実家に帰ったり、兄弟の家に行き、賑やかに食卓を囲みたい。

 

ここ2年ほどで私が感じた違和感。

 

息子が与えてくれた気づき。

地方移住を決意して最初にしたこと。

地方移住したいという希望はもともと持っていましたが、

 

私が退職を決断した瞬間、希望は予定に変わりました。

 

決断してから3日間、夫にも話さず、自分の中で自問自答を繰り返しました。

 

その3日間のなかで、私がまずやったことは、自分の貯蓄額の確認でした。

 

我が家は共働きで、生活費は共通口座に二人で入金し、他のお金はそれぞれで管理しています。

 

互いの収入も、貯蓄額もはっきりとは知りません。

 

ただ、お互い貯蓄や投資を趣味のようにやっているので、散財しても自己責任の取れる範囲だろう、と思っています。

 

貯蓄額は過去に集計したベースがあったので、今回は以下を実施。

 

  • 残高のアップデート
  • 移住する際に解約する口座のピックアップ
  • 退職金シミュレーション
  • 転職できなかった場合の失業保険シミュレーション

 

貯蓄額は、思うほど伸びておらず、、、

 

途中結婚、出産を経て12年間働いてやっと1000万ちょっと、でした。

 

収集癖、散財癖のある私にしては、何とか大台を越えてくれて良かった、、、

 

とはいえ、移住で恐らく100万円を越える出費が待ち受けています。

 

残りの現職の期間中、どこまで頑張れるだろうか。

棚板ひとつの工夫

最近使い道がなくなり、子供におもちゃにされていたMUJIのPP素材のキャスターラック。

 

棚板ひとつを外してみたら、細々したアタッチメントとハンディクリーナーをひとまとめにできました。


f:id:komegg:20170522160017j:image

 

いよいよUターン計画が動き始めたので、うまくいけばこのマンションに住むのはあと8ヶ月あまり?

 

新しいものを極力増やさないように、暮らしを快適にしよう。

 

なんて言いながら、その8ヶ月のためのDIY棚を増やそうとしている私。。

 

ただモノを減らしたいなら、ダメな自分に凹むところですが、

 

今は、家族みんなの負担を少しでも減らしてくれるなら、モノが増えてもいいかな、と。

 

モノはそもそも、人の生活を豊かにしてくれるはず、、だしね。

新しい私の人生テーマ

私たちにとって、とても大きな決断をしました。

 

私の出身地であるとある地方都市に、Uターンすることに決めました。

 

高校卒業と同時に実家を出て東京の大学へ進学。

 

都内の企業に就職。

 

結婚してからは横浜市に転居し、都内の会社に勤めました。

 

数年迷い続けて決断した今、迷いはすっかりありません。

 

次の春までのUターンを目指します。

家ノート、作り始めました。

ゆるゆると始めました、家事ノート。

 

正確には、以前作っていたノートを再び開きました。


f:id:komegg:20170510090657j:image

 

以前は、育児に関する事をまとめ、主人一人で子供を見るときや、おばあちゃんに見てもらうときに使っていました。

 

今は、家にある物の所在や、家事のやり方をまとめているところ。

 

主人に手伝ってよ!とキレる前に、やり方を共有しなければ、、と。

 

再開にあたって、この本を読了。